BLOG

擁壁ありの土地とは…

韓国ドラマにハマってしまって毎日寝不足です。(‘;’) 昨日でようやく「梨泰院クラス」を見終わったので、

睡眠をきちんと摂るつもりですがパク・セロイ(主人公です)ロスで眠れないかもしれません。

どうも株式会社高山の狩俣です。

高い擁壁のある土地は擁壁も専有部分に含まれて売られている事も多いようで、

人口擁壁(法面というそうです)が面積の30%以上は擁壁の面積の表示が義務付けされているそうです。

※そうです。ようですが多いのは先程知った知識を上手く言いこなせる自信が無いからです(-_-;)

逆に言えば30%以内の擁壁は表示されていないって事なんですね。

なので擁壁あり(擁壁と言っても高い擁壁です。)の土地は注意が必要で、

いわゆる有効面積(建物建築に使える面積)がどのくらいかを調べる必要があります。

表示されている面積=利用面積では無い可能性があるからです。

実は弊社も擁壁ありの土地を分譲しております。

こちらをクリック→OH東御県

6号地

地面からの高低差、土地を囲む擁壁。まるで城です…🏯 なんか守られてる感が半端ないっす。

擁壁の高さや状態など一度現地でご確認されると良いかもしれません。

ぜひぜひ、チェックしてみてください!

 

 

 

 

 

関連記事一覧

最近の投稿